<< 地図読み 基礎 3/3 | main | 伯耆大山 >>
2015.03.14 Saturday

五在所ノ峯(658m)

0
    2015.03.14
    高知県四万十町の峰の上から登りました。

    1等三角点です。本点。
    五在所ノ峰 案内.jpg

    登山口です
    DSC04452.jpg

    案内板
    DSC04453.jpg

    林道をしばらく歩き
    小屋のところから
    DSC04455.jpg

    小学生の作った看板
    (なかなか難しい)
    DSC04458.jpg

    急な登山道を人工林の中を登ります
    (先ほどの小屋が光っています)
    DSC04459.jpg

    歩きやすい径です
    DSC04460.jpg

    図根点の標識がたくさん有ります
    DSC04461.jpg

    図根三角点はこれのみ
    DSC04462.jpg

    山頂に到着-一等三角点 本点 点名:五在所森
    DSC04466.jpg

    DSC04463.jpg

    記念写真
    DSC04465.jpg

    山頂から、こちらの方に進みます
    DSC04467.jpg

    天測点が有ります
    DSC04468.jpg

    天測点とは:
    (ネットより、コピー 青森の登山ガイド『種市昇二郎』さんのHPより)。【天測点】とは三角測量の相対的測量誤差を天文測量で絶対位置を天体観測した台です位置です。このコンクリート柱上に子午線儀を載せて、夜間(たぶん)に北極星の高度角を観測したと思います。【天測点】と記載された金属板が取り付けられています。この【天測点】と対になっているもので【子午線標】があります。
    昭和29年から昭和33年に全国で48点設置。四国で2カ所ですよ。(もう1カ所は香川県の大山)
    (我々は、非常に珍しいものを見たようです)

    途中の行者の修行場
    DSC04475.jpg

    前方が明るくなりました
    DSC04469.jpg

    哨戒所跡
    DSC04470.jpg

    展望も良くて
    太平洋の方向
    DSC04473.jpg

    窪川方面です(霞んでいて期待した山並みは見えませんでした)
    DSC04474.jpg

    ここで、随分早い昼食をとりました。

    同じ道を下ります(三角点のところ、手前の四角いブロックが点測点)
    DSC04477.jpg

    人像描画石
    DSC04479.jpg

    それと、怖いこんなのもあります
    DSC04480.jpg

    ドンドン下ります
    DSC04483.jpg

    登山口から振り返ります
    DSC04487.jpg

    また長い帰路の途中で
    寄り道です
    DSC04492.jpg

    ネイチャーセンターを訪れました。
    (なかなかすてきなところです)
    DSC04493.jpg

    長い道中お疲れ様でした。
    珍しい天測点を見ることが出来ました。








     
    コメント
    往復の道中、長いのでよく眠れましたね;
    松山を出る頃は雨でしたが、山は道も濡れてないし、よい天気で気持ち良かったです。
    天測点ってなんだろう・・と思ったら、とても珍しいものだったのですね!説明文ありがとうございます。
    四万十川はきれいですね、もう少ししたら桜が咲きますね、いい季節になってきました。また楽しみです。よろしくお願い致します。
    • HINO
    • 2015.03.17 Tuesday 09:44
    コメントする








     
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM