<< 七国見山(457m) | main | 北条の里山 雄甲山 >>
2015.12.06 Sunday

倉橋火山(408m)

0
    2015.12.06

    引き続き、呉市の倉橋島の倉橋火山(くらはしひやま)に登りました。
    火山の由来は、のろし台からだそうです。

    県民の浜の朝食
    DSC02022.jpg

    DSC02023.jpg


    とびしま街道から2つ橋を渡り、本土から今度は、音戸大橋を渡り倉橋島に渡ります

    登山口は、桂浜温泉からです
    DSC02025.jpg


    IMG_0554.jpg


    登山道に入ります
    DSC02027.jpg


    すぐに、スズメバチの巣でドキリ!でももういませんでした。
    DSC02031.jpg


    遊歩道をあがります
    DSC02032.jpg

    昨日よりは、ぐっと楽です
    DSC02033.jpg


    IMG_0559.jpg


    IMG_0563.jpg


    DSC02036.jpg

    歩きやすいです
    IMG_0567.jpg

    昨日とは異なり、薄曇りで、風が無くて暑い
    IMG_0570.jpg

    チョット意味不明ですが、ここから登山道?
    DSC02038.jpg


    DSC02040.jpg


    チョット開けて展望が良い
    IMG_0587.jpg


    左奥の薄い島影が松山市中島です
    DSC02042.jpg

    もうすぐコルです
    DSC02045.jpg


    DSC02049.jpg

    コルに到着ーここまで車道が通じています
    DSC02052.jpg

    今日は、うっすらとしか見えません。
    IMG_0591.jpg

    人工的に植えられたカエデの紅葉が見頃です
    DSC02054.jpg


    DSC02061.jpg

    火山の方向-我々は、これから三角点の有る後火山に向かいます
    DSC02059.jpg


    展望台
    DSC02063.jpg


    IMG_0596.jpg


    展望台からの眺望-中央の奥の長い島が松山市の中島です
    IMG_0593.jpg


    DSC02065.jpg


    火山
    DSC02067.jpg

    左が能美島、江田島と橋は早瀬大橋-枯れているのは松の木
    DSC02072.jpg


    石に字が彫り込まれている
    DSC02079.jpg


    後火山(455.8m)
    DSC02081.jpg


    記念写真
    DSC02084.jpg


    コルまでもどります
    DSC02089.jpg


    火山の山頂に山ガールが
    DSC02088.jpg

    コルのカエデ
    DSC02092.jpg

    トイレがあります
    DSC02093.jpg

    火山に登ります
    DSC02094.jpg


    後火山を振り返ります
    DSC02096.jpg


    到着-先発の山ガールが納山会をしています。
    DSC02098.jpg


    バンザイ
    DSC02102.jpg

    岩の大きさが判らないとのことで離れて撮ります
    (手前の3名は、山ガールグループ)
    DSC02104.jpg


    反対側から
    DSC02110.jpg


    DSC02117.jpg


    ここで昼食です
    DSC02121.jpg


    予定を変えて、異なるコースで降ります
    DSC02122.jpg


    DSC02123.jpg


    DSC02125.jpg


    DSC02126.jpg


    登りに通った遊歩道
    DSC02130.jpg


    DSC02132.jpg


    DSC02134.jpg

    登山口の桂浜温泉に入浴

    牡蠣小屋が有ったのでのぞくと牡蠣が60個くらいしか無いとのことで牡蠣は諦めました。

    愛媛からいつも眺めていた島々の山に登りました。

    広島の人から見ると非常に近く感じるようで、松山に船で行きタクシーでお店まで行き買い物とか、
    北条に習い事に来ている方とか、我々にとっては遠く感じるが、船を持っている人にとってはそうでないようです。

    どちら山も温泉と登山がセットで楽しめます。

    追)帰路に女性陣が感激したのがこれです。
    鯨ではありません。潜水艦です。
    DSC02137.jpg


    ついでに
    DSC02138.jpg


    DSC02139.jpg







     
    コメント
    余興はそれなりに楽しかったです。ごめんなさいね、皆さんのお面が赤い面が強烈だったのでちょっと物足らなくなってしまい。来年は、皆さんの強烈なお面を作りますね。
    • リュウちゃん
    • 2015.12.11 Friday 08:47
    2日間、天候に恵まれて楽しい忘年登山でした!
    2つの山も眺めがよく、海も山も楽しめるし、あまり遠いと思えないのに、なかなか登れない山に登れて嬉しかったです^^余興はちょっと練習不足で音楽に合わなかったので、来年に向けて鍛錬しますわ^^;赤いお面さん、フォロー感謝です。
    今年もたくさんの楽しい山の思い出をありがとうございました、来年もよろしくお願いいたします!!
    • HINO
    • 2015.12.09 Wednesday 12:58
    コメントする








     
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM