<< 大峰奥駈道ー4 | main | 平家平 (徳島県)  >>
2016.05.20 Friday

大峰奥駈ー撤退

0
    2016.05.20

    この日予定では、百名山の八経ヶ岳〜釈迦ヶ岳〜前鬼へ下山の予定でしたが、
    石丸の体調不良により、弥山から行者還トンネル西口へ下山となりました。

    1日目(5/18)くらいから、尿路結石が詰まり気味で、背中が痛みながら歩いていました。
    時には、痛み止めを飲みながらとなり、最終日は行程も長くて、途中でエスケープルートも無く、
    痛みで動けなくなたりすることも予想されたので、参加の皆さんの相談で下山となりました。
    前回同様、難路が中止となり次回に繰り越しとなりました。
    申し訳ございません。

    寂しく下山です
    IMG_1442.jpg


    IMG_1443.jpg

    大普賢岳
    IMG_1444.jpg


    周りは、やっと木々の芽吹きです
    IMG_1449.jpg

    しばらくは木々の間より大普賢岳が見えます
    IMG_1450.jpg


    ここで、休憩
    IMG_1453.jpg

    弥山と左は八経ヶ岳
    IMG_1455.jpg


    西口分岐に到着ー登山者がポツポツ上がってきます
    IMG_1459.jpg

    シャクナゲを見ながら下ります
    IMG_1461.jpg


    シャクナゲがあるということは足元は良くありません
    IMG_1464.jpg


    IMG_1465.jpg


    IMG_1467.jpg


    IMG_1469.jpg

    シロヤシオが散り始めています
    IMG_1471.jpg


    IMG_1473.jpg


    下りてきました
    IMG_1476.jpg


    西口登山口に到着
    IMG_1477.jpg


    この後、温泉は、近場が開いていなくて、前回大和三山の耳成山へ登る途中の”あすかの湯”に入り
    ここで、昼食もとり、そのまま帰松。

    ご迷惑をおかけしました。仮病的に中止は有りますが。
    本当の病での中止、下山は初めてでした。
    本当にごめんなさい。
    このコースは、来年に同じ時期か、オオヤマレンゲに焦点を合わすかして計画します。
    よろしくお願いします。


    後日談)
    帰宅後、すぐに石が体外に出ました。(石は取り損ねました)
    翌日、病院に行き、レントゲンで調べれば、昨年12月に有った石は写っていませんでした。
    念のため、内視鏡で膀胱内も検査しました。
    過去、1度出口で詰まり、七転八倒し、救急で膀胱に管を入れて排尿したことがあり、
    今回も、最悪を考えると、途中で一人だけヘリ搬送となることも有ったかも?
    コメント
    コメントする








     
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << March 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM