Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
笹倉湿原  
0

    2017.06.15

     

    NHK文化センターの登山教室の初級です。

     

    神の庭とNHKの番組で紹介された、笹倉湿原に向かいます。

    梅雨入りしたが、まだ雨に遭っていません。

    梅雨時のコケが綺麗ですが、ずっと晴れていて登山道は歩きやすくなっています。

     

    金山橋で準備

    P6150976.jpg

     

    今回は、”ストック”についてもテーマに入っています

    レジメに沿って講習

    P6150978.jpg

     

     

    端を渡り出発

    P6150980.jpg

     

     

    P6150983.jpg

     

    林道に入ります

    P6150982.jpg

     

     

    途中で唯一見えた風景

    P1030455.jpg

     

    林道終点

    P6150988.jpg

     

     

    登山道に入ります

    P6150990.jpg

     

    大きな、ツガ(栂)の横を登ります

    P1030458.jpg

     

    しばらく人工林の尾根

    P6150991.jpg

     

    気持ちの良い自然林の登山道を登ります

    P1030460.jpg

     

    エッチな木(最近は、セクハラの木とか?でもやっぱりエッチな木に思える)

    P1030461.jpg 

     

    傾斜の急なところもあります

    P6150992.jpg 

     

     

    P6150994.jpg

     

     

    P6150996.jpg

     

     

    P1030466.jpg

     

    笹倉に到着

    P1030467.jpg

     

    ウマスギゴケもカラカラに乾いています

    P1030468.jpg

     

    ちょっと感動

    P6150997.jpg

     

    カメラを取り出します

    P6150998.jpg

     

     

    P6151000.jpg

     

     

    P1030474.jpg

     

    陰は、色が綺麗です

    P6151001.jpg

     

     

    P6151003.jpg

     

     

    P6151008.jpg

     

    反対側から

    P1030475.jpg

     

     

    P1030477.jpg

     

     

    P1030479.jpg

     

    昼食後、下ります。途中のワサビ田のところの五右衛門風呂

    P1030480.jpg

     

     

    P6151013.jpg

     

     

    P6151015.jpg

     

    エッチの木の横を通過しますが、なぜかニヤニヤ!

    P1030481.jpg

     

     

    P6151018.jpg

     

    林道へ到着

    P1030485.jpg

     

     

    P6151023.jpg

     

    県道に出ました

    P1030488.jpg

     

    金山橋を渡り終了

    P6151024.jpg

     

    この後、面河山岳博物館へ向かい見学

     

    天気良かったのですが、笹倉湿原は、カラからでちょっと残念でしたが、面河山岳博物館の写真で

    良い風景の時を眺めました。想像してください。

     

     

     

     

     

    posted by: りゅうちゃん | NHK松山カルチャースクール | 23:20 | comments(0) | - |