Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
熊野古道 伊勢路Part供(3)
0

    2018.04.20

     

    今回の3日目です。

     

    宿の朝食です。

    泊まったところは、ロッジ山水です。

    (昨年、今巷を賑わしている方”女性”が3日泊まられたそうです。その方は、宿の傍の白石湖を

    ジョギングされたそうです。その方を見直しました。

    自分も、46000歩、歩いてた後ジョギングしてみました。)

    P4204943.jpg

     

     

    昨日の終了地点へ移動して

    P1060418.jpg

     

     

    P4204948.jpg

     

     

    P4204949.jpg

     

    ここから世界遺産指定地域です。馬越峠を越えて、尾鷲市街に向かいます

    P1060417.jpg

     

     

    P4204950.jpg

     

    カウンターが付いています

    P1060419.jpg

     

     

    石畳ー大きな石です

    P1060421.jpg

     

     

    P1060422.jpg

     

     

    P1060423.jpg

     

    水が流れている様ですが、石が大きいので整然と残っています。

    (インフラにしっかり金をかけていたのですね。紀州藩。今も残っています)

    P1060424.jpg

     

    苔があって、ちょっと滑りそうです

    P1060426.jpg

     

     

    P1060427.jpg

     

     

    P1060429.jpg

     

     

    P1060432.jpg

     

     

    P1060435.jpg

     

     

     

    P1060439.jpg

     

     

    P1060437.jpg

     

     

    P1060442.jpg

     

    大台ヶ原の日出ヶ岳がちらっと奥の方に見えます

    P1060443.jpg

     

    太い木の根が石の上に伸びて、古さが感じられ、使われない(歩かれない)時期に伸びたのか?

    P1060444.jpg

     

    高度がだいぶ上がりました

    P1060446.jpg

     

    おおきな桧or杉

    P1060448.jpg

     

    周囲4m

    P1060449.jpg

     

     

    P1060451.jpg

     

    峠に到着

    P1060453.jpg

     

     

    P1060455.jpg

     

     

    P1060457.jpg

     

     

     

    P1060459.jpg

     

    急な下りが続きます。木の根に石畳が負けたのかな

    P1060461.jpg

     

    モチツツジ

    P1060464.jpg

     

     

    P1060467.jpg

     

    ここに石畳の謂われがあるが、400年前、公共投資に紀州藩はしっかりお金をかけている。

    日本一雨の多いこの地域にしっかりその成果が残っている。何か暗示される。

    P1060468.jpg

     

     

    P1060470.jpg

     

     

    P1060471.jpg

     

     

    P1060472.jpg

     

     

    P1060473.jpg

     

     

    P1060476.jpg

     

     

    P1060477.jpg

     

     

    P1060479.jpg

     

     

    P1060482.jpg

     

     

    P1060481.jpg

     

    住戸が出てきました

    P1060483.jpg

     

    尾鷲の町並みとこれから越える八鬼山

    P1060484.jpg

     

    下っていくと、津波の供養塔があります

    P1060485.jpg

     

     

    P1060488.jpg

     

    左くまの

    P1060490.jpg

     

     

    P1060492.jpg

     

     

    P1060493.jpg

     

    後ろは、越えてきた馬越峠

    P1060494.jpg

     

    町の側溝の蓋に

    P1060497.jpg

     

    町の案内所の横を通りかかると、中から女性の担当者が飛び出してきて、案内をしてくれ、ついでに

    ひもの屋さんを聞いて、途中で買いました。

    P1060498.jpg

     

    ここを曲がり

    P1060499.jpg

     

    尾鷲の町並み

    P1060500.jpg

     

     

    P1060501.jpg

     

    この案内が無いと歩けません

    P1060502.jpg

     

    路地裏の様なところ

    P1060505.jpg

     

     

    P1060507.jpg

     

     

    P1060508.jpg

     

     

    P1060509.jpg

     

     

    P1060512.jpg

     

    大きな原油タンクのせいか、大回りをして登山口に向かいます

    P1060515.jpg

     

     

    P1060517.jpg

     

     

    P1060518.jpg

     

     

    P1060520.jpg

     

    ここから入ります

    P1060521.jpg

     

    奥の山が大台ヶ原

    P1060523.jpg

     

     

    P1060524.jpg

     

     

    P1060525.jpg

     

    P1060526.jpg

     

     

    伊勢路最大の難所です。峠越でなく、山越、八鬼山越です。

    上にあるように歴史の道にも指定されています。(世界遺産登録前に)

     

    最初は穏やかな道

    P1060527.jpg

     

     

    P1060528.jpg

     

    石畳

    P1060531.jpg

     

     

    P1060532.jpg

     

     

    P1060534.jpg

     

     

    P1060536.jpg

     

     

    P1060539.jpg

     

     

    P1060540.jpg

     

    参勤交代の時の籠立場(休憩所)

    P1060541.jpg

     

     

    P1060543.jpg

     

     

    P1060547.jpg

     

     

    P1060548.jpg

     

     

    P1060549.jpg

     

    尾鷲

    P1060553.jpg

     

     

    P1060554.jpg

     

     

     

    P1060555.jpg

     

     

    途中で昼食

     

     

    P1060556.jpg

     

     

    P1060557.jpg

     

     

    蓮華岩と烏帽子岩 写真を取り損ねたが、この岩の風景が八鬼山越の最も有名な風景のようです

    (看板の岩が烏帽子岩)

    P1060561.jpg

     

     

    P1060562.jpg

     

     

    P1060563.jpg

     

    久木峠

    P1060564.jpg

     

     

    P1060568.jpg

     

     

    P1060569.jpg

     

     

    P1060570.jpg

     

     

    P1060572.jpg

     

     

    P1060574.jpg

     

     

    P1060576.jpg

     

    スタンプ箱があります

    P1060579.jpg

     

    山頂直下

    P1060582.jpg

     

     

    P1060583.jpg

     

     

    P1060584.jpg

     

    古道はここは通っていなく、数メートル下の前方

    P1060585.jpg

     

    長い下りが始まります

    P1060592.jpg

     

     

    P1060594.jpg

     

     

    P1060595.jpg

     

    下る途中

    P1060596.jpg

     

    急な下りです

    P1060597.jpg

     

    江戸道を下りました

    P1060601.jpg

     

     

    P1060602.jpg

     

     

    P1060603.jpg

     

     

    P1060604.jpg

     

     

    P1060605.jpg

     

     

    平成の丁石−世界遺産指定区域 だいたい100m毎ですから、もう少しです

    P1060606.jpg

     

     

    P1060608.jpg

     

    出ました

    P1060611.jpg

     

     

    P1060613.jpg

     

    杖を返して、林道を歩きます

    P1060618.jpg

     

     

    P1060619.jpg

     

    でも石畳は続きます

    P1060621.jpg

     

    熊野まで54km

    P1060622.jpg

     

     

    P1060624.jpg

     

    芝生になり

    P1060629.jpg

     

    振り返ります

    P1060630.jpg

     

    到着です。予定とおりでした。

    P1060631.jpg

     

     

     

    P1060632.jpg

     

     

    お疲れ様でした

     

    合計の歩数が3日間で10万歩をおおきく超えました。

    好天で、新緑の中を気持ちよく歩くことができました。

     

    この後、温泉に入浴して、一路帰松。

     

    この続きは、次来年の春を予定しています。

    今までとは異なる風景にも出会えます。お楽しみに。

     

     

     

     

     

     

     

     

    posted by: りゅうちゃん | 遠征 | 23:53 | comments(0) | - |