<< 丹原の里山−黒滝山 | main | 大座礼山 >>
2019.06.02 Sunday

四国の分水嶺供檻隠検‖静槌越〜大座礼山〜三ツ森山〜三ツ森峠

0

    2019.06.02

     

    タイトルのように

    四国の分水嶺供檻隠 太田尾越〜大座礼山〜三ツ森山〜三ツ森峠と歩きました。

     

    当初の計画は、更に平家平から高薮登山口までの予定でしたが、

    スタートが遅くなり、また雨で足元が悪くてスピードも上がらず、途中で終了しました。

     

    太田尾越です

    P6020772.jpg

     

     

    すでに雨具着用です

    P6020774.jpg

     

    ここから県境に沿って登ります

    P6020776.jpg

     

    最初ちょっと急なところがあります

    P6020777.jpg

     

    チラッと東三ツ森山方向

    P6020779.jpg

     

    男性が下りてきました、

    P6020780.jpg

     

     

    P6020781.jpg

     

     

    P6020785.jpg

     

    まだまだ若葉で気持ちが良いです

    P6020786.jpg

     

    稜線分岐です。大座礼山へ往復します

    P6020787.jpg

     

     

    シャクナゲが残っています

    P6020788.jpg

     

     

    P6020789.jpg

     

     

    P6020790.jpg

     

     

    大座礼山です

    P6020791.jpg

     

     

    P6020794.jpg

     

    戻ります

    P6020796.jpg

     

    三ツ森山に向かいます

    P6020798.jpg

     

    アップダウンを繰り返し

    P6020799.jpg

     

     

    IMG00241.jpg

     

     

    IMG00242.jpg

     

    チラッと行く方向が見えます。右の鉄塔のところで,昼食。

    IMG00243.jpg

     

    鉄塔広場で昼食

    IMG00244.jpg

     

    巡視路に沿った、ルートが、高知県側からあります

    IMG00245.jpg

     

    愛媛県側にも

    IMG00248.jpg

     

    アップダウンが続きます

    P6020800.jpg

     

     

    このコースの、数少ない名所

    IMG00249.jpg

     

     

    IMG00250.jpg

     

     

    IMG00251.jpg

     

    三ツ森山に到着

    IMG00252.jpg

     

     

    P6020801.jpg

     

    ここから急な下りがあります

    P6020804.jpg

     

     

    P6020806.jpg

     

     

    P6020809.jpg

     

    三ツ森峠に下りました

    P6020813.jpg

     

     

    当初の予定では、ここから平家平に登り返しです

    P6020814.jpg

     

     

    断念して、林道を歩き下ります

    P6020815.jpg

     

     

    ここで、回収の車が無い、電話も繋がらない。

    大いに心配しましたが、ここへのルートが通行止めで上がってこれず、

    地元の方の案内で無事到着。

    回収方も大変でした。予定を変更したため。

     

    次回は、ここから、

    平家平〜冠山〜チチ山の分かれ(ここで一応分水嶺は終了=完結です)〜チチ山〜笹ヶ峰を予定しています。

    最後ですので、皆様のご参加をお待ちしております。

    近いうち、ビヤガーデンで打ち上げも行いたいと思います。

     

    分水嶺の名前のせいかよく雨が降ります。

    分水嶺を”四国の嶺の主稜線を行く”とかにしたかったです。

    (今までのルートは、厳密には、主稜線の方がふさわしいのです)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM